写真に撮られることが好きではない私は、当然のことながら、履歴書やパスポートに載せる証明写真を撮ることもあまり好きではありませんでした。

実物以上によく撮れた写真の話
Loading
Pick Up Entry
実物以上によく撮れた写真の話

写真に撮られることが好きではない私は

実物以上によく撮れた写真の話
● 28歳 女性
写真に撮られることが好きではない私は、当然のことながら、履歴書やパスポートに載せる証明写真を撮ることもあまり好きではありませんでした。
写真はその一瞬の表情を切り取るものですから、自然と写真写りが良い人悪い人が出てきます。写真写りが決して良くはないと自覚していましたから、できるだけ証明写真でさえも撮りたくないと思っていたのです。

けれども、数年前にパスポートを取りに行ったとき、その証明写真の仕上がりに驚きました。
その時は証明写真機で撮影しました。
肌の色も明るく、それでいてプリクラのように不自然に加工したような写真にもなっていません。しかも、何度か撮り直しもできて、写真館で撮る時と違って、撮影直前に化粧を直したり、髪の毛を整えたりすることもできます。自分のタイミングで撮影できるので、とても好都合でした。
しかも写りも良い。
それ以降、証明写真は証明写真機で撮っています。写真機の機種や設置場所にもよるのですが、最近の証明写真機は実物以上に良く撮れます。

サイトリンク