履歴書に添付する写真の出来栄えによって、採用担当者が受ける印象が変わってきますので、できるだけよく撮れた写真を貼りつけることが重要になります。

実物以上によく撮れた写真の話
Loading
Pick Up Entry
実物以上によく撮れた写真の話

履歴書に添付する写真の出来栄えによって

実物以上によく撮れた写真の話
● 39歳 男性
履歴書に添付する写真の出来栄えによって、採用担当者が受ける印象が変わってきますので、できるだけよく撮れた写真を貼りつけることが重要になります。
私自身の就職活動のとき、時間が切羽詰っていて、自動の証明写真機で撮った写真を使ったときは、面接した時の採用担当者側の反応が今一つでした。
そこで、写真店で店主に一眼レフカメラで撮影してもらったところ、自動証明写真機で撮ったものとは全く違ってよく取れているのに驚きました。

しかも、ただよく撮れていただけでなく、実物では頬が下膨れにみえるときがあって気に入らなかったのが、写真店で撮影された証明写真はすっきりと顎が引き締まっていて好印象になっていたのです。
写真店の店主に話を聞くと、ライトスタンドで光源を巧みに配置すれば、誰でもすっきりと顎が引き締まる感じの好印象な証明写真になると言うのです。

このよく撮れた証明写真を使った面接では、採用担当者の印象もかなりよくなり、内定に至ったものもありました。

サイトリンク