2年半前に甥っ子が生まれて以降、私は甥っ子の専属カメラマンとなりました。

実物以上によく撮れた写真の話
Loading
Pick Up Entry
実物以上によく撮れた写真の話

2年半前に甥っ子が生まれて以降

実物以上によく撮れた写真の話
● 38歳 男性
2年半前に甥っ子が生まれて以降、私は甥っ子の専属カメラマンとなりました。
甥っ子が毎月1回遊びに来るのですが、そのたびに色々なところに行っては写真撮影をするのです。

小さい頃はあまり動きも早くなかったので、写真撮影も楽だったのですが、今ではよく動くようになってピントを合わせにくくなり、甥っ子がカメラに興味を持ち出したため、なかなかカメラを構えることも出来ません。
最近ではなかなかベストショットというものにめぐり合えなかったのですが、久々にベストショットがとれました。
それは、甥っ子の保育園で行っていた夏祭りでのことです。

夏祭りでも、甥っ子は相変わらず走り回っていました。
炎天下の中、汗だくになって走っていたのです。
そのうち夕方になって、西日が差し込んできました。
その西日に甥っ子が照らされた瞬間、非常にまばゆい素晴らしい写真が撮影できたのです。
満面の笑み、光に照らされて栗色になった髪、光る汗、その瞬間とっても輝いていました。